人気ブログランキング |

oznの部屋

ozn55.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 28日 ( 2 )


2019年 07月 28日

今の時代日蓮大聖人門下生の責任重く、祈りとして叶わざるはなしと大聖人の仰せを証明 しなくてはならない。

大聖人は家に賛教の務めあれば、七難たちまちに退散せんとある。 今日本で現実的に日蓮教団門下生による議員がいて、立正安国の精神で国内外に平和と安定をもたらし、自国民の安全と生活権の確保と高度福祉社会の実現と景気はそこそこの安定を確保し、時代が違うから高度経済成長を夢見させる必要はないが、リーマンショック=大恐慌が起きないようにしなければいけない。また門下生はあの京アニ事件など起きないように、賛経=法華経の勤行=方便品と寿量品さらに唱題行で、門下一同強く祈り、地域や国土ひいては国全体や世界平和と民衆の安定と繁栄の為に貢献しなければならない。日蓮大聖人の立正安国=理想社会は、天変地異無し、治安が安定し犯罪や事故が皆無、安定した生活権利が保証され、全国民や全地球人類が安心して暮らせる保証はどうあるべきか?の実現を仏道修行としている。日蓮教団の利益を髪一筋でも優先し、全体の責任と使命をなくしたら、大聖人の御怒りはただ事ではすまない。教団や門下生に重大な罰が下る。現実的に国難や天変地異に現れ全国民に総罰が出る。門下内外に断っておくが、決して日蓮大聖人は罰を下さない。民衆の我々が間違った道に入ったら結果的に罰という。不幸の現象出ますよと仰せで、日蓮大聖人はそうならないように、門下生に繰り返して民衆を守り通しなさいと、神経質なくらい戒めておられる。ゆえに門下生はもはや我が身の幸福や利益に構っている暇は無い。地域や職場、学校やボランティア、ひいては国や世界に貢献するのは当たり前の自覚を持たなければならない。 具体的には内外の人全てを励まし、犠牲者を出さないことであると、OZNは日蓮仏法を解釈する。



by ozn55 | 2019-07-28 06:34 | Comments(0)
2019年 07月 28日

北朝鮮は性懲りもなく、ミサイルで惹きつけ策を繰り返している。軍事脅しかけたら駆け引きに応じると夢想している。金と時間の無駄遣いだ。 だいたい朝鮮半島の不安感は指導者の資格はない。国民に当たり粛清や隣国

世界は見放す。力で人や国は動かない。 信頼性しか動かない事が分からない。不信感しかないからだ。トップリーダーは安全安心安定の3Aの責務を果たして指導者と言える。北朝鮮のみならず各国のトップリーダーは胸に手を当てて自覚して貰いたい。



by ozn55 | 2019-07-28 05:44 | Comments(0)